三四郎の町洞爺湖町

三四郎は、写真のように、北海道の大自然でリゾートライフを楽しみながら、たまごを産んでいます。

洞爺湖町 (7)

 

日の出の洞爺湖

洞爺湖町 (12)

 

洞爺湖町の概要  Wikipediaより抜粋

胆振総合振興局西部にあり、内浦湾北岸に位置する。洞爺湖岸には洞爺湖温泉があり、東の壮瞥町にある有珠山、昭和新山観光の拠点としての役割も担う道内有数の観光地を抱える町である。著名な観光地は旧虻田町の区域に多く、旧洞爺村の区域には少ない。

洞爺湖は洞爺カルデラ内にできたほぼ円形の湖で、中央にある中島の最高点を中心に洞爺湖町と壮瞥町に二分されており、洞爺湖町の領域となるのは西側の約3分の2である(このうち、南の3分の1程度が旧虻田町、北の3分の2程度が旧洞爺村である)。弁天島全域と中島・観音島の一部を含む。洞爺湖は海との距離が近い割には湖面標高が約84mと高い。このため中心市街にほど近い青葉町まで導水パイプを敷設し、高低差を利用した水力発電(出力19,500kW)が行われている。

長万部と室蘭のほぼ中間にあり、これらを結ぶ道央自動車道、国道37号、JR室蘭本線などが海岸沿いを通っていたり、札幌から中山峠を越える中山国道(国道230号)の通過点となっている

Wikipediaへ リンク

IMG_2099IMG_2054IMG_2120IMG_2020IMG_2014

 

洞爺湖町 (1) 洞爺湖町 (2) 洞爺湖町 (3) 洞爺湖町 (4) 洞爺湖町 (5) 洞爺湖町 (6)  洞爺湖町 (8) 洞爺湖町 (9) 洞爺湖町 (10) 洞爺湖町 (11)  洞爺湖町 (13) 洞爺湖町 (14) 洞爺湖町 (15) 洞爺湖町 (16) 洞爺湖町 (17) 洞爺湖町 (18) 洞爺湖町 (19)