安心安全な放し飼い自然有精卵

北海道洞爺湖町近郊でとれた玄米、ぬか、近隣農家から譲り受けた野菜、洞爺湖町の豆腐やさんのおから、トウモロコシなどを自家配合し、土壌菌による発酵分解させた飼料をあたえています。雑草や運動場で見つけた小さな虫達もご馳走です。科学肥料や薬品等は一切使用しておりません。洞爺湖と森が造るオゾンたっぷりな空気を吸って元気に育ちます。 モミガラ等を敷き詰めた土の上で平飼をしています。ケージ飼育の鶏と違って、ストレスもなく健康に育つ環境からうまれる卵です。

三四郎通信vol.164

令和元年も、残すところ、あとひと月と少しです。
来年 令和 2 年の NHK 大河ドラマのタイトルは、「麒麟がくる」です。室町時代の終焉、 群雄割拠の時代を、明智光秀を中心として描いた物語です。

三四郎通信vol.163

台風により自然災害が各地で起こり、水害などの被害を受けた方々が、大変な御苦労をされています。心よりお見舞いもうしあげます。

三四郎通信vol.162

刈り入れを待つばかりの稲穂のそよぎに、新米への期待が高まる季節となりました。

そのような中、千葉県の一部の地域では、停電が続いていたために、米農家の方々は
刈り入れ出来ずに、大変困っているというニュースが流れていました。